UVコーティングを施工する床に、ワックスを筆頭に何かが塗られていると、UVは乗りません。というか施工しても剥がれてしまいます。

なので、お客様にいくら確認を取っていても、施工前に念入りに確認をするのですが、まさかこんなイレギュラーが・・・

ということがあったので書いてみます。

そのお宅は新築戸建てで4LDKでした。

下見でお客様と直接お会いし、グロスとつや消しのサンプルを見てもらってグロスを選択されたのですが、お客様の予定が合わずに不動産屋からの受け渡しが終わっていない状態での下見になってしまっていたのです。

フローリングは、シートフローリングでは無く突板フローリングという事は確認出来ていました。

下見の際に、まだ受け渡しが終わっていなかったので「サービスワックスだけはかけないように不動産屋に伝えておいて下さいと」ということは、伝えておきました。

そして施工当日。冒頭でも書いたように、作業開始前に剥離剤でワックスのチェックだけは恒例でやるわけですが、残念な事に剥れてしまいました・・・

あれだけ言っておいたのに上手く伝わらなかったのかな??

とか思いつつも、剥離するしかないので、一応お客様に状況の一報はを入れて、剥離の開始となりました。

その剥離作業をコツコツとやっていると、どうやらお客様が「何故ワックスをかけたんだ」と苦情の連絡を入れてくれたようで、現場監督さんがひょっこり現れて色々と状況の確認となったわけですが・・

監督さんが言うには「ワックスはかけていない」とのこと。

そうはいっても何かが剥れている所を見せると「確かに」と納得してくれまして・・

この監督さんは、このフローリングのメーカーに知り合いがいるとかで

「メーカーに直接どういう加工になっているのか聞いてみる」

と電話してくれたのです。

電話を終えて、監督さんが伝えてくれたことによるとメーカー側は

最後にウレタンでコーティングしているのでそれが剥れているのでは?

という回答だったとか・・

なるほど・・・・

剥離剤で剥れるのでおそらく水性ウレタンなのでしょう。ビックリしてしまいました。

長尺シートやクッションフロアなどの床材には、メーカーが初期ワックスをかけて販売している事は珍しくありませんが、ワックスでないにしろ剥離剤で剥がれてしまうコーティングをメーカー側がフローリングにしているとは・・・

その後は、問題なく順調に終わりましたが、今後も剥離のチェックだけは欠かせないなと思いつつ、勉強になった案件でした。

フローリングのメーカー側も、あの手この手で新しい製品を出してくるのでしょうからあなどれないですね。。。