自宅でワックスを使用されている方は多いと思います。フローリングなど床をきれいに保つ為には一番お手軽ですよね。

しかし、ワックスは値段の割に床の保護剤としては優れていますが、その輝きや保護といった本来の目的を果たすことができる期間が短いという大きなデメリットを持っています。

更に、水分をこぼしてしまうと剥がれてしまいますし、ワックスはアルカリ性の洗剤などには特に弱く、マジックリンなどこぼしてしまうとこぼした所が簡単に剥がれてしまいます。

そしてワックスの一番困ったところは、汚れが付着して取り込んでしまうところです。

汚れは日々蓄積されていきます。

これはフローリングなど床に限った話ではありませんが、汚れというやつは、放置しているとその物自体に悪影響を及ぼしてしまいます。平たく言うと劣化を早める大きな原因になるのです。

例えば洗車を放棄された車のボンネットは、小マメに洗車された車より痛みは早いですし、衣類でも洗濯などせずに汚れを付着させたままにしておくと、布自体の痛みの早さは本当に痛感しますよね。

フローリングなど床材もこれとまったく同じで、汚れたワックスを塗りっぱなしにしたり、汚れを溜め込んだワックスを何度も重ね塗りしたりしていると、劣化を早めてしまいます。

そうなると、輝きを失った床に再度ワックスをかけたくなりますが、まさにここに罠があります。

ワックスを新たにかけようと思うと、それまで残っていたワックスを必ず剥離する必要があるのです。

具体的には、剥離剤を使って古いワックスを剥がしていきます。

私たちはUVコーティングの職人なので、ワックスを剥がすことは日常茶飯事です。

剥離剤を床に落としてゴシゴシやると・・

汚れとともに、古いワックスがゴッソリ出てきますね。

輝きを失ったワックスでさえここまで出てきます。古くなったワックスが、いかに汚れを閉じ込めているのかがよくわかると思います。

仮に面倒くさいからと、この剥離作業を怠ってのワックスの重ね塗りは最悪です。

剥離せず再度ワックスを上塗りしてしまうと、新しいワックスで汚れまで閉じ込めてしまいます。

実際UVの施工現場で、汚れたワックスを放置していたり、剥離を怠ってワックスを塗り重ねていたお宅を何度も見てきました。そのような現場でワックスを剥離してみると、多くのフローリングで塗装などが剥がれたりしてしまいました。

いかに床自体を劣化させてしまったかということですね。

逆に、定期的に剥離作業をしてワックスをかけられていたお宅のフローリングだと、当たり前の経年劣化程度でした。

ワックスを好んで使用される方は、汚れたワックスを放置せず、ワックスを上塗りする事なくきちんと剥離する事は、絶対条件です。

このような面倒くさい定期的な作業から解放されるために、私たちにUVコーティングのご依頼をいただくことも本当に多いです。

UVコーティングを施工すると最初はワックスよりは高い費用がかかってしまいますが、その後20年間の手間からの解放・ワックス剥離剤の費用、等々考えると、コスパ的にもUVコーティングは非常に優れています。もちろんその強度はワックスの比ではありません。

今ならこのブログ経由であることをお伝えいただくと、キャッシュバクサービス施工範囲サービス等ありますので、是非ご検討してみてください!